×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

 

昏闇クラヤミ」と呼ばれる存在がある。

昏闇は人間を捕食する。そしてその絶望を喰らい肥大する。
人間は昏闇に触れることができない。
未知の存在。化け物。化生ですらない、黒い何か。
人を喰らい、その恐怖を吸い喜悦に浸る。
そして、影と闇の溢れる夜を謳歌するのだ。

――だが、昏闇にも天敵はいる。
「彼ら」は恐怖せず、絶望せず、屈さず、闇に触れる術を知っている。
人でありながら、闇を滅ぼす方法を知っている。

名を、「猟人ハンター」 。
心の力を振り翳す、それが彼らの御名である。

第四部連載中。(短編連作形式)
更新履歴
更新内容
2009/10/26

「They said "Goodbye, love" Y」掲載

2009/10/6

「They said "Goodbye, love" X」掲載

2009/9/28

「They said "Goodbye, love" W」掲載

2009/8/23

「They said "Goodbye, love" V」掲載

2009/7/26

「They said "Goodbye, love" U」掲載

2009/7/21

「They said "Goodbye, love" T」掲載

2009/1/25

「Scarlet Sword」掲載

2009/1/4
「Navy Rance」掲載
2008/7/13
「PASSING [」掲載
2008/6/29
「PASSING Z」掲載
2008/6/15
「PASSING Y」掲載
2008/5/14
「PASSING X」掲載
2008/4/24
「PASSING W」掲載
12/13
「PASSINGT〜V」改稿&再掲載
以前の履歴はこちら。
最新話は常に一番下にございます。

-本編-
ACT/1
「InCOMING DARKNESS」

(四〇〇字詰原稿用紙約二三〇枚)
ACT/2
「FRAGMENT at NIGHT」

(四〇〇字詰原稿用紙約一〇〇枚)
ACT/3
「Point ZERO」

(四〇〇字詰原稿用紙約二三五枚)
ACT/4
「Midnight Stage」
はじめはほんの少しの好奇心。
あいつは何で戦っているんだろうと、そう思ったことから。
随分昔のあの一夜。
冬の日、残照、曳光するガンブルー。
流した涙、ナイフ、 S V . I N F I N I T Yストレイヤーヴォイト ・ インフィニティ
微笑みは、あなたのために。
私はずっとあの場所で立ち止まっている。
今もあの声を忘れられないのだ。
出会いは唐突。
あの時、彼女は殻を破った。その先に何があるかも知らないままで。
外はひどく寒い。
けれど、背中は温かい。
セブンス・アライヴ。
生き残った“七人目”。
それは、六牟黒に与えられた枷のような記号。
TOMOSHIBI
T / U / V
そして、過去に出会う。
PASSING

T/U/V/W

X/Y/Z/[
そんな日もある、と自分を納得させる。
けど顔を合わせるのが怖くて、夜に逃げる。

時々あるんだ、そういう夜が。
近づきすぎて、離れられなくなるのを恐れるみたいに。
鼻持ちならないヤツってのは、どこにだっている。
アタシにとってヤツは、そういうヤツだった。
――血も凍る。
こんなにも熱いのに。
They said, "Goodbye, love."
T / U / V / W
X / Y
それは多分、さよならのイントロ。
周波数の低い、別れの序曲。

登場人物紹介
(ネタバレ注意)


ちょっといいな、と思ったら、拍手なんていかがでしょう。
気軽にメッセージも送れます。50字程度まで。

ネット小説ランキング>現代FTシリアス部門>「Nights.」に投票

ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)


「Wandering Network」主催の人気投票は、こちらから。
クリックすると投票したことになり、Wandering Networkのトップページに飛びます。
投票いただきありがとうございます。
投票する


NEWVEL」ランキングはこちら。投票いただけると嬉しいです。
投票する


 -BACK-

-TOP-

-INDEX-
(ウェブリング巡回用)